植物の持つ役割を知って、オーガニックコスメを選びましょう。

September 4, 2017

最近はオーガニックコスメが多く出回っています。

その中から、自分に合うスキンケア製品を探すのは一苦労ですよね。

年間を通して日本人の肌の悩みで多のは、乾燥・シミ・シワです。

特に乾燥は春夏は紫外線、秋冬は湿度の低下で避けては通れません。

肌の水分が減少し、水分の足りない肌に体は皮脂で表面を保護しようとします。
その結果油分の多いオイリー肌、混合肌などが生まれますが、これも水分不足の【乾燥】から来るものです。

保湿と一言で言ってもたくさんの手段があります。
上記のオイリー&混合肌には水分補給が重要になります。
お化粧水をたっぷり使い、その後には水分を肌に留めるジェルがあると最適です。そして最後は乳液orクリームで仕上げ。

エイジング肌には、栄養は欠かせません。水分補給をした後、栄養美容液などでビタミン補給をすることで、日々の蓄積される肌ストレスを軽減します。

敏感肌には、肌の内側の保湿と肌表面を保護する油分どちらも重要です。肌再生する力と皮膚表面の保護膜が極端に少ない場合は、それをスキンケアで補うのです。

その際に気をつけたいのは、それぞれの原材料の持っている役割です。

オーガニックアロマを使用したコスメの中でも、乾燥に効果のあるものは
ローズ、ネロリ、フランキンセンス、イモーテル、ラベンダー、パルマローザ、パチュリ…などが挙げられますが、その中でもオイリー肌に効果的な精油は限られます。

精油と植物オイルを役割別で分けると

 

オイリー肌
精油 : ラベンダー、パルマローザ、ジュニパーベリー、フラゴニア、ゼラニウム、サンダルウッドなど。
植物オイル : ホホバオイル、ココナッツオイルなど。

エイジング肌
精油 : ローズ、フランキンセンス、ネロリ、イモーテル、ジャスミン、ラベンダー、パチュリなど。
植物オイル : ローズヒップオイル、ウィートジャームオイルなど。

アトピー、敏感肌
精油 : ネロリ、カモミール、ラベンダー、サンダルウッド、フラゴニアなど。
植物オイル : カレンデュラオイル、アプリコットカーネルオイルなど。

 

一人一人肌質も違っていれば、食生活や心の癖も違います。全てが上記に当てはまるわけではありませんが、それ故に自然派製品、またオーガニック製品というのはスキンケアだけでなくメンタルケアやヘルスケアまでしてくれるのです。

あなたにぴったりのオーガニックコスメhttp://xn--t8j4aa4nmisa3a6y0ff8hb9507qng5ayo2agy5c.xyz/に出会えることを祈っています。