パートでも作ることができるクレジットカード

April 8, 2016

誰でも簡単にクレジットカードを作れる、という宣伝文句を見てアコムのクレジットカードを作ることにしました。これまでクレジットカードは作ったことがありませんでしたので、契約を交わすことは不安でしたが、すぐに対応していただけました。

性別:女性
職業:パート
年齢:29歳
借入額:30万円
借入先:ACマスターカード

初めてのクレジットカード

これまで、私はクレジットカードを利用したことはありませんでした。その理由は自分のずぼらさにあります。おそらく私がクレカを使うことになると、今月いくらまで使ったかは分からなくなるほどにまで利用してしまうことでしょう。

そうなってしまったら後の請求がいくらになるか分かったものではありませんので、最悪のケースだと料金を支払えなくなってしまうことになりそうです。そう思いましたので、これまで私はクレカを作ることなく現金だけで生活を送るようにしていました。

その他にも理由はあります。私はパートで働いている身なので、クレカを作ろうとしてもきっと審査の段階で弾かれてしまうだろうと思っていたからです。不安定な収入ならば返済が滞ってしまう可能性がありますので、当然審査は通りにくくなりますよね。

それでも、クレカには憧れていました。外に出る度にわざわざATMを操作しなくてもカード1枚持っていればそれだけで決済できてしまうのは、ずぼらな私にとってはとても魅力的でした。

宣伝文句に乗せられました

クレカに対する憧れはありましたので、何度か情報を調べてみることはありました。そして先日見つけたのがACマスターカードでした。このカードは消費者金融であるアコムが運営するクレカで、他のカードよりも高い分、審査は通りやすくなっているとの書き込みを目にしたのです。

ホームページを見てみても、パートやアルバイトの方でもカードが使えますと書かれていましたので、試しに申し込みをしてみることにしました。ネットでの申し込みはとても簡単なものでした。必要事項を入力して送信ボタンを押すだけ。作業にかかった時間は数分程度でした。

そしてネットで申し込みを済ませた翌日に、実際に無人契約機へ行ってみることにしました。初めて入るので若干緊張しましたが、無人ということもあり、その緊張感はすぐに薄れていきました。契約機へは運転免許証か健康保険証、もしくはパスポートだけを持っていけば良いとのことでしたので、私は運転免許証を持って機械を操作しました。

指示された通りに機械を操作していくだけで簡単に契約は終了。審査に要した時間も1時間程度でした。あまりにすんなりと通ってしまったので、少し不安にもなりましたが、念願のクレカをその場で手にした時には不安感よりも期待感の方が大きかったです。

現金要らずのお買い物

何事も初めて行うことは緊張するものです。事前に調べた情報によると、決済方法を聞かれた時には一括で支払うことを伝えるだけで、内部では自動で分割払いになるとのことでした。レジ前で私はカードを出し、一括で、と一言伝えると店員さんが処理をしてくれました。これだけで決済は終了。買い物は無事に済みました。

ACマスターカードの魅力は私のようにパートで働いている人でも簡単にクレカを作れる点、そして支払い方法はリボ払いである点にあると思います。リボ払いについては、人によっては嫌う人も多いようですが、私は良いサービスだと思っています。もともと収入が私の場合は、もともと収入が多くはありませんので、何を買うにしてもとりあえずは分割払いになってしまうと思います。

どうせ毎回分割で払うのならば、最初から返済方法がリボ払いであっても何ら問題はありません。ただし、少し不安なのは金利の方です。他のカードと比較するとACマスターカードの金利は18%と高いですので、その点だけは注意しなければならないと思います。

余裕がある時に追加で料金を支払うことは可能ですので、自分の懐事情と相談しながら料金を支払っていこうと思っています。この金利はキャッシング枠、カードローンとして利用する際にも適用されるようなので、やはり金利だけは注意する必要があると思います。

何よりも現金を出さなくても買い物ができてしまうことが、今の自分にとっては新鮮で心地良さを感じていますよ。

 

 

セゾンカードは最短即日発行

西友等の買い物で割引で買い物が出きる株式会社クレディセゾンのセゾンカードはインターネットで申し込みをした場合や、最短即日発行対応のセゾンカウンターで申し込みをして審査が通り確認作業が終了すると、本人確認書類や銀行印等の必要な物を持参して、カウンターにて最短即日で受け取れます(http://クレジットカード即日発行ナビ.biz/)。

殆どの買い物や公共料金の支払い等をこのセゾンカードで利用すればCMで話題の「永久不滅ポイント」がザクザク貯まりますし、家計簿をつけるのも明細をチェックすればよいので面倒な手間が省けます。

しかも楽天やヤフー!ショッピングやAmazonやじゃらんなどのネットショッピング利用時にサイトを経由するだけでポイントが最大30倍も貯まるのでとてつもなくお得で便利です。

そんな便利なカードを紛失しても再発行は出来るので紛失した時点ですぐにフリーダイアルに連絡をしましょう。24時間受け付けしているのでまずは焦らずに連絡して手続きをします。ただし、1,050円の手数料はかかるので要注意です。

 

 

青木選手に関するメリットがあるプラチナ

青木という選手は、世界的にとても有名です。ゴルフで大活躍をしている選手なので、憧れている方々も多く見られます。ところでプラチナという商品は、その選手に関する特徴があるのです。それはアメックスによる商品なのですが、それを保有していると上記の選手との共同プレーができるからです。
上記のプロゴルファーの方々は、たまにカードの保有者と共演をしています。一緒にゴルフを楽しむ訳ですが、プラチナのカード保有者の方々がその対象になる事もあります。
ちなみにそのカードは、インターネットを用いて申し込みをする事になります。ただし招待制のカードになるので、カード会社からの声かけを待つ必要があります。

ただしプロゴルファーとプレーできるといっても、不粋な事は避けた方が良いでしょう。相手の心証を悪くしてしまうのも良くないので、最低限のマナーを心がけてそのカードのメリットを享受するのが望ましいです。もちろんマナーを心がけていれば、何も問題はありません。

カード審査時の判断基準としての役割

クレジットカードの審査時に、どれくらいの与信が出来るかを判断する為に、カード会社は、いくつかある信用情報機関の内の最低1つは信用情報機関に加盟しています。

何故かというと、信用情報機関に載る情報はローンやクレジットカードの申し込み時に書く個人情報と、クレジット情報やそれを利用した情報で構成されているので、審査時にはそれを見る事で、その人のお金に関する様々な事がわかるからです。

また、信用情報機関では、返済の延滞や支払い不能などの情報は事故情報として共有しています。信用情報機関では、延滞とは3ヶ月支払いが滞った場合のことを指しますが、実際は各クレジットカード会社や金融機関によって違いますので注意が必要です。

また、一旦事故情報として載ってしまうと、一定期間の間はクレジットカードの利用や、ローンなどの利用が出来なくなってしまいます。しかし、期間が過ぎると消えるので一生そのままという事はありませんのでご安心ください。

 

 

いまもっともおすすめのクレジットカードを大公開

年末も近づき、出費がかさむシーズンがやってきました。同じお金を出すのなら、クレジットカードでかしこくスマートに支払いたいものです。今日はおすすめのクレジットカードの使い方を大公開します。私は、ほとんどすべての支払いをJALカードで済ませることで、年間10000マイル以上をためることができました。使い方のコツを大公開すると、クレジット機能だけでなく、電子マネーとの連携です。

JALカードは、単体でもマイルへの還元率は高いのですが、これとWAONの組み合わせで、イオンやファミリーマートでの支払いを上手に行います。JALカードはWAONへのオートチャージ機能があるので、殆ど意識しないで、また会計時の待ち時間がなく、クレジットカードを使うことができます。さらにJALカードにはPasmoを組み合わせると良いと思います。これで交通系、電子マネーのふたつを、同じカードに集約できます。

さらにおすすめなのが、ショッピング時のマイル加算を二倍にするショッピングプレミアムサービスの付加です。これはJALカード申し込み時だけでなく、ホームページからでも申し込み可能です。これらのサービスは複数組み合わせることができます。年間で一万~数万マイルは確実に溜まります。

 

学生でもクレジットカードが作れる誰も語らないこと

私は学生です。アルバイトをしているのですが、収入はそこまで安定しているわけではありません。といあえず働いている先は上場している企業なので、簡単に潰れることはないと思っていますが、どうなるかは定かではありません。こうした状況においてもクレジットカードというものは作れるのか、最初は不安で仕方がありませんでした。やはり20歳を過ぎたということもあり、このようなカードぐらいはもっていても苦労はしないのではないだろうかと思っていたものです。

誰も語らない内容によれば、最近は学生でもそれなりに収入があれば、簡単にカードを発行してくれるところは多いということを知りました。そして安心をして、審査を申し込んでみたんですね。誰も語らない内容だけを信じるのはあまり得策ではないと思ったのですが、それはそれで仕方がない部分ではありますからどうなるかと思っていたのです。

結果としてはクレジットカードを発行することができました。これは一生の一度しかないようなとても嬉しい日になったことを覚えています。社会的に認められた証でもありますし、しっかりと生きている証拠でもあります。こうしたものが知れることは私としては嬉しいのです。

 
 

ブランド品を買うためにカードローン

私は高校生のころからブランド品へのあこがれを持っていました。もちろん高校生にそのようなものは買えません。就職をしてから少しずつ買うようになったのです。しかしOLの給料では限度があるので、キャバクラ嬢として働くようになりました。そして、クレジットカードを利用するようになったのです。

【体験者の情報】
性別:女性
職業:キャバクラ嬢
年齢:25歳
借入額:180万円
借入先(業者):ACマスターカード

小さいころからブランド品へあこがれる

私の育った家庭は決して裕福ではありませんでした。世間を知らない小さいころはこれが当たり前と思っていたのですが、他の友だちの家へ遊びに行くと私の家では絶対に考えられないような美味しいおやつが出るのです。友だちの両親を見るとキレイな身なりをしていますが、私の両親はいつも同じ服ばかり着ています。そこで、私は自分の家庭が貧しいことを知りました。そのような家庭に育つと一般家庭とは逆に、ブランド品に強い興味を持つのです。高校生になるとそういったファッション雑誌を買って、毎日のように眺めていたのです。私の通っていた高校では多くの生徒が大学や専門学校へ進学するのですが、私は家庭の事情で進学することができません。就職を選びました。就職すればすぐに自由にお金が使えるので、これは私にとって好都合でもありました。

社会人になって初めてのブランド品

私は小さな運送会社で事務スタッフとして働き始めました。仕事は特に不満も無く、周囲の人間も優しい人ばかりだったのです。私はとにかくマジメに働きました。そして、初めてのボーナスをもらったのです。そこで私は初めてのブランド品のネックレスを購入しました。ブランド品と言っても決して高いものでは無く、私でも帰る範囲のものです。しかしそれでも嬉しかったのです。それから私は再びブランド雑誌を眺める生活になりましたが、私の心の中の欲求が抑えられなくなってしまったのです。そこで、私はもっと良い給料を求めて仕事を辞めてしまいました。そこで私が選んだものはキャバクラ嬢です。私の高校時代のクラスメイトがキャバクラ嬢をしており、非常に良い暮らしをしていたのです。

キャバクラ嬢として働き始める

これまで私は地味な仕事をしていたこともあり、キャバクラ嬢の仕事は非常に刺激的でした。ヘアメイクを整えてドレスを着たことで変身ができたのです。これまで口下手なところがあった私ですが、誰とでも気軽に話せるようになりました。さらにこれまでの仕事では考えられなかった収入があります。私はこれまで買うことのできなかったブランド品を買うことができたのです。周りのキャバクラ嬢もブランド好きの女の子も多く、さらにその欲が出ました。この欲を満たすためにはさらにお金が必要になります。キャバ嬢で儲けるには美しくなることが最も手っ取り早いことなので、整形を考えたのです。そこで目を大きくしました。さらにエステにも通って全身脱毛やダイエットをしたのです。これで私の指名数が増加しました。

キャッシングでブランド品を買う

これまでの私はブランド品に夢中でしたが、さらに整形やエステにもハマってしまいました。ブランド品と言っても私でも買える範囲のものだったのですが、身の丈以上のブランド品まで欲しくなってしまったのです。さらに、鼻やアゴの形を整えるためにヒアルロン酸注射などにも興味が出ました。そうなってしまうと、これまでの収入では足りません。そこで、ACマスターカードのカードローンを利用することにしたのです。冷静に考えれば借金をしてまですることでは無いのですが、周囲のキャバクラ嬢の多くがキャッシングをしていたこともあって、そういった感覚が麻痺してしまったのです。

風俗も始めて借金返済をする

これだけブランド品や整形にお金を使い、借金までしてしまうと返済に困ってしまいます。キャバクラではそれなりの売り上げを出していましたが、それでも月々の返済は滞りがちになるものです。そこで、キャバクラと並行して風俗のアルバイトを始めました。このような働き方で返済をしているキャバクラ嬢がいたのです。もちろんこういったことに抵抗はありますが、借金のためと割り切っています。